詳解[GCC]VScodeでC C++をコンパイルする

プログラミング
スポンサーリンク

今回はgccをインストールして、VScodeのターミナルからC言語のファイルをコンパイルできるようにします。 少し作業が長いですが、ゆっくりやれば大丈夫なのでやっていきましょう!

MinGWのインストール

下にあるリンクに飛んで赤線の部分をクリックしてインストーラーをダウンロードします。
MinGWのインストールはこちらから

そしたら、実行しましょう。そしたら、
mingw32-base
mingwa32-gcc-g++
を選んでください。(右クリックで[Mark for Installation]を選びます。)
選び終わったら、画面左上の[Installation]から[Apply Change]をクリックします。

少し時間がかかるので、気長に待ちましょう。 インストールが終了したら工程の半分終了です。

Pathを通す

環境変数をいじるのですが、安全に変更するためにフリーソフトを使って環境変数を変更します。 redmondpathのダウンロードはこちらから!
ダウンロードしたら、展開して、実行します。そうすると以下の画面が出るので左上の緑のプラスボタンをクリックして[C:] -> [MinGW] -> [bin]へと移動して[OK]をクリックします。

確認として、以下の青の網掛け部のように
C:MinGWbinとなっていれば成功です。


注意
どうやら環境によってはここで再起動する必要があるようです。

フリーソフトを使わないやり方

こちらのやり方のほうが一般的です。ほとんどの場合、Pathを間違えて消すということは無いので、Pathを通したことがある人はこちらの方法でも大丈夫です。

そうしたら新たに

C:MinGWbin

を追加します。

VSCodeでの操作

VSCodeをダウンロードする

VSCodeでGCCを用いてコンパイルする

上のツールバーにある[ファイル]から新規作成をしてhello.cと名前をつけて以下のソースコードをコピーして保存しましょう。

#include <stdio.h>
int main()
{
printf("Hello! Worldn");
	return 0;
}

そしたら、下の画像のように[新しいターミナル]を開きます。

Linux使ったことある方はわかると思いますが、cdコマンドなどを使ってhello.cのファイルがあるところまで移動します。
cdコマンドがわからない場合はこちらの記事をご覧ください。
cdコマンドの使い方を簡単にご紹介【Windowsコマンド集】
cdはカレントディレクトリを変更するコマンドだ。

そしたら、下部に出てきたターミナルで以下のコマンドを実行します。

gcc -o hello hello.c

これによって実行ファイルが作られたので再びターミナルでファイルを実行させてみましょう。

./hello

おそらく、Hello! Worldと出力されるはずです。そうなればとりあえず設定完了です。

F5でコンパイルされるようにする

ターミナルで実行するのもいいですが、若干面倒なのでF5で結果を出力できるようにしたいと思います。
ターミナルで実行できればいいという方はこれ以上の作業は必要ありません。

拡張機能 C/C++をインストール

右のバーにある拡張機能のアイコンをクリックして、C/C++をインストールします。

 

設定ファイルを書き換える

[View] -> [Command Paratte]で[C/C++]を検索してConfigファイルを開きます。

[compiderPath]を先ほどインストールした場所に書き換えます。

c_pp_prooerties.json

{
    "configurations": [
        {
            "name": "Win32",
            "includePath": [
                "${workspaceFolder}/**"
            ],
            "defines": [
                "_DEBUG",
                "UNICODE",
                "_UNICODE"
            ],
            "windowsSdkVersion": "10.0.17763.0",
            "compilerPath": "C:\MinGW\bin\gcc.exe",
            "cStandard": "c11",
            "cppStandard": "c++17",
            "intelliSenseMode": "gcc-x64"
        }
    ],
    "version": 4
}

また、同じ/.vscodeディレクトリに「lanch.json」の[

“externalConsole”: false,]をtrueにします。
 
lanch.json
{
    // Use IntelliSense to learn about possible attributes.
    // Hover to view descriptions of existing attributes.
    // For more information, visit: https://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=830387
    "version": "0.2.0",
    "configurations": [

        {
            "name": "gcc.exe - Build and debug active file",
            "type": "cppdbg",
            "request": "launch",
            "program": "${fileDirname}\${fileBasenameNoExtension}.exe",
            "args": [],
            "stopAtEntry": false,
            "cwd": "${workspaceFolder}",
            "environment": [],
            "externalConsole": true,
            "MIMode": "gdb",
            "miDebuggerPath": "C:\MinGW\bin\gdb.exe",
            "setupCommands": [
                {
                    "description": "Enable pretty-printing for gdb",
                    "text": "-enable-pretty-printing",
                    "ignoreFailures": true
                }
            ],
            "preLaunchTask": "gcc.exe build active file"
        }
    ]
}

これでF5を押すことで、Cを実行できるようになりました。
(最終行にブレークポイントを置くことでターミナルが消えなくなりますが、どことなくカッコ悪いので解決方法を知っている方は教えてください….)

おつかれさまでした。VSCodeは色々な拡張機能があり、便利なエディタなので、ぜひもっと調べて自分好みの環境を作って行ってください。

おすすめの本

わたしがC言語初心者だった時、参考になった本を載せたいと思います。

苦しんで覚えるC言語

定番のやつ。「苦C」と呼ばれるもので、「苦しんで覚えるC言語」とは、裏腹に全然苦しくありません。
レイアウトもわかりやすく、読んでいて「苦」ではありません。
解説と演習がついているので、自分で進めることもできます。

やさしく学べるC言語入門 基礎から数値計算入門まで

学校の先生がおすすめしていた本。この本も癖がなく結構読みやすかったです。続編の本「C言語による数値計算入門」もわかりやすく、個人的には「苦C」よりも好きです。

新・標準プログラマーズライブラリ C言語 ポインタ完全制覇

友人からおすすめされた本。C言語の難関であるポインタについて、延々と書かれている本です。
ポインタの基本的なところから応用的なところまで網羅されています。

書き方がブログ調で、「堅くない」感じで書かれているので好き嫌いは分かれるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました