[GCC]VScodeでC C++をコンパイルする

Linux
スポンサーリンク
今回はgccをインストールして、VScodeのターミナルからC言語のファイルをコンパイルできるようにします。 少し作業が長いですが、ゆっくりやれば大丈夫なのでやっていきましょう!

MinGWのインストール

下にあるリンクに飛んで赤線の部分をクリックしてインストーラーをダウンロードします。
MinGWのインストールはこちらから
そしたら、実行しましょう。そしたら、
mingw32-base
mingwa32-gcc-g++
を選んでください。(右クリックで[Mark for Installation]を選びます。)
選び終わったら、画面左上の[Installation]から[Apply Change]をクリックします。

少し時間がかかるので、気長に待ちましょう。 インストールが終了したら工程の半分終了です。

Pathを通す

環境変数をいじるのですが、私の場合うまくいかなかったので、フリーソフトを使って環境変数を変更しました。 redmondpathのダウンロードはこちらから!
ダウンロードしたら、展開して、実行します。そうすると以下の画面が出るので左上の緑のプラスボタンをクリックして[C:] -> [MinGW] -> [bin]へと移動して[OK]をクリックします。

確認として、以下の青の網掛け部のように
C:\MinGW\binとなっていれば成功です。


注意
どうやら環境によってはここで再起動する必要があるようです。

VSCodeをダウンロードする

まずはこのサイトに行ってVSCodeをダウンロードします。
https://code.visualstudio.com/
インストールをして、VSCodeを起動します。

VSCodeでGCCを用いてコンパイルする

上のツールバーにある[ファイル]から新規作成をしてhello.cと名前をつけて以下のソースコードをコピーして保存しましょう。

#include <stdio.h>
int main()
{
printf("Hello! World\n");
	return 0;
}

そしたら、下の画像のように[新しいターミナル]を開きます。

Linux使ったことある方はわかると思いますが、cdコマンドなどを使ってhello.cのファイルがあるところまで移動します。
cdコマンドがわからない場合はこちらの記事をご覧ください。
cdコマンドの使い方を簡単にご紹介【Windowsコマンド集】
cdはカレントディレクトリを変更するコマンドだ。

そしたら、下部に出てきたターミナルで以下のコマンドを実行します。

gcc -o .\hello .\hello.c

これによって実行ファイルが作られたので再びターミナルでファイルを実行させてみましょう。

./hello

おそらく、Hello! Worldと出力されるはずです。そうなれば全ての動作が終了です。

おつかれさまでした。VSCodeは色々な拡張機能があり、便利なエディタなので、ぜひもっと調べて自分好みの環境を作って行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました