[Linux/Ubuntu]ユーザ管理・グループ管理のコマンドをまとめました!

Linux
スポンサーリンク

この記事はユーザ管理とグループ管理のコマンドをまとめたものです。なかなかユーザとグループの管理についてひとえにまとまっているものがなかったので備忘録として書いていきたいと思います。
今回は追加したいユーザをabe(安倍)、グループをpolitician(政治家)にします。

ユーザ管理

ユーザの追加(ホームディレクトリを追加) adduser ユーザ名 

対話式で設定できるコマンドです。使用例はこんな感じです。このコマンドはそのユーザのホームディレクトリが作られます。

sudo adduser abe
Adding user `abe' ...
Adding new group `abe' (1003) ...
Adding new user `abe' (1002) with group `abe' ...
Creating home directory `/home/abe' ...
Copying files from `/etc/skel' ...
Enter new UNIX password: 
Retype new UNIX password: 
passwd: password updated successfully
Changing the user information for abe
Enter the new value, or press ENTER for the default
        Full Name []: 
        Room Number []: 
        Work Phone []: 
        Home Phone []: 
        Other []: 
Is the information correct? [Y/n] Y

ユーザの追加(ホームディレクトリを追加しない) useradd ユーザ名

このコマンドはadduserとはちがいホームディレクトリを作成しません。

sudo useradd abe

ユーザの消去 userdel -r 削除したいユーザー名

ユーザの消去はuserdelを使うことで可能です。オプションの-rは先程作成したホームディレクトリを消すことができます。

sudo userdel -r abe

グループ管理

グループの作成 groupadd グループ名

グループを作成する場合はgroupaddでできます。

sudo groupadd politician

作成済みのグループの確認 cat /etc/group

cat /etc/groupでページャを使うことによって確認することが可能です。

 

sudo cat /etc/group
︙
︙省略
︙
politician:x:1004:

politicianが作られたことがわかります。

ユーザが所属するグループを表示 groups ユーザ名

groups abe
abe : abe

ユーザのabeがabeというプライマリグループとabeというセカンダリグループに所属していることがわかります。

ユーザの所属グループを変更 usermod -g グループ名 ユーザ名

usermod -g グループ名 ユーザ名でユーザのプライマリグループを変更することができます。
その他のオプションは次のような意味になります。

usermod -g politician abe // プライマリグループを変更
usermod -G politician abe // その他のグループを変更
usermod -aG politician abe // オプション a は変更ではなくて追加を可能にする
usermod -g sudo abe        // abeにsudo権限を付与する

グループを消去 groupdel グループ名

sudo groupdel politician
cat /etc/group  // グループ一覧からpoliticianが消えていることを確認する

まとめ

今回はグループとユーザの追加・消去、ユーザをグループに所属させる方法を紹介しました。


タイトルとURLをコピーしました