[VSCode対応]TeX Liveを使ってWindowsでLaTeX使おうぜ!

プログラミング
スポンサーリンク

どうも、Word嫌い芸人です。WindowsでLatexを入れる方法について紹介していきたいと思います。
$\LaTeX$は数式をきれいに、楽に書くことのできるツールで数学・物理系の論文で多く用いられています。そのため、$\LaTeX$の記述方法はしばしば理系の大学生には習得しておくことが推奨されます。
今回はそんな$\LaTeX$の導入の方法を紹介していきたいと思います。

TeX Liveのダウンロード・インストール

TeX Liveのダウンロード

まずは以下のサイトに行って[ISOイメージ]のリンクをクリックします。
TeX Live/Windows - TeX Wiki
ネットワークインストーラの場合 を使ってインストールする方法もありますが、うまく行かない場合があるのでISOイメージをダウンロードしてやったほうが安全です。
私と私の友人はネットワークインストーラからインストールしようとしましたがうまくいきませんでした。
そして、データサイズが大きいのでコーヒーでも飲みながら気長に待ちましょう。

TeX Liveのインストール

ダウンロードが終わったら、ダウンロードがされたフォルダに移動しましょう。
texlive2019.isoを右クリックしてプログラムから開くを選択して、エクスプローラーをクリックしましょう。

そしてフォルダが展開されたら[install-tl-windows.bat]をクリックします。そうするとTeX Liveのタブが開くのでそれぞれの設定を自分の都合の良い環境を選択して進めていきましょう。

そして、すべての設定が終わると、インストールが開始されるのでしばし待ちましょう。
数時間かかる場合があるので、オートスリープを有効にしている場合はインストールに失敗するので自動スリープをOFFにしておきましょう。
【Windows 10】PCが数分で勝手にスリープするのを防ぐ
Windows 10のPCで、スリープまでの時間を長く設定しているにもかかわらず、指定した時間がたっていないのにスリープしてしまうことがある。そのような場合は「システム無人スリープ」の設定を変更することで改善できることがある。

TeX workの設定

Windowsの検索バーに[texwork]と打ってTeX workを起動します。

左上にある[編集]→[設定]→[エディタ]と移動してエンコーディングをUTF-8にします。

次に[タイプセット]に移動して「+」ボタンを押し、タイプセットの種類を増やします。

引数は引数ごとに[+]をする必要があります。
名前:pLaTeX (ptex2pdf)

プログラム:ptex2pdf

引数:上から順に

    • -l
    • -ot
    • -kanji=utf8 $synctexoption
    • $fullname

入力できたらOKを押して閉じます。
 同様の手順で、あと二つタイプセットを増やしますが、この時設定画面にある「実行後、PDFを表示する」というところにあるチェックを外してください

  1. 1つめ
    • 名前:pBibTeX
    • プログラム:pbibtex.exe
    • 引数:$basename
  2. 2つめ
    • 名前:mendex
    • プログラム:mendex.exe
    • 引数:$basename

以下のタイプセットの設定はこちらの記事を参考にさせていただきました。
404 Not Found - Qiita - Qiita

 

サンプルコードの出力

こちらのコードをエディタに貼り付けて▷をクリックしてコンパイルしてみましょう。

\documentclass{jsarticle}
\begin{document}
Hello \LaTeX !
\end{document}

VSCodeに対応させる(オプション)

必ずしもやらなくてはいけないわけではないですが、めちゃくちゃ便利になるので入れることを強くお勧めします!

LatexをVSCodeで書けるようにする
  • STEP1
    VSCodeをインストールしよう
  • STEP2
    Settings.jsonを編集してVSCodeでのLatexの設定をしよう
  • STEP3
    VSCodeの拡張機能LaTeX Workshopを入れよう(めっちゃ便利)

[STEP1] VSCodeをインストール

以下のサイトからダウンロードできます。

[STEP2] Settings.jsonを編集してVSCodeでのLatexの設定をしよう

[Ctrl] + [Shift] + [P]でコマンドパレットを開き[settings.json]と検索します。

ファイルが見つかったら[settings.json]を開き、下にあるコードをコピペします。
(前設定がある場合は前設定を消さないように追記してください。
また、コピペだと動かない場合もありそうなので、その点は工夫が必要かもしれません。)

また、これはわたしの設定なので「この形式は使いたくないよ!」という場合は別途書き換えてください。

{
    "latex-workshop.latex.recipes": [
        {
            "name": "make_ptex2pdf",
            "tools": [
                "ptex2pdf",
            ]
        }
    ],
    "latex-workshop.latex.tools": [
        {
            "name": "ptex2pdf",
            "command": "ptex2pdf",
            "args": [
                "-interaction=nonstopmode",
                "-l",
                "-ot",
                "-kanji=utf8 -synctex=1",
                "%DOC%"
            ]
        }
    ],
    "latex-workshop.view.pdf.viewer": "tab",
    "workbench.statusBar.visible": true,
    "editor.renderControlCharacters": true,
    "files.autoGuessEncoding": true,
    "window.zoomLevel": -1,
}

[STEP3] VSCodeの拡張機能LaTeX Workshopを入れよう(めっちゃ便利)

  1. 横タスクバーにあるアイコンをクリックする
  2. 検索窓に[Latex Workshop]を入れる
  3. [Latex Workshop]をインストール
  4. [*.tex]ファイルを作成して、編集・保存するとそのたびにPDFレビューが生成されるようになる

LaTeX Workshopの使い方(補足)

基本的に公式サイトを参照すれば使い方はわかると思いますが、PDFをプレビューする方法だけ記述したいと思います。
https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=James-Yu.latex-workshop

PDFのアイコンをクリックすると、PDFを確認することができます。
[Ctrl] + [S]でPDFが更新されます。

LaTexのおすすめ書籍・サイト

$\TeX$は最初に書いた通り、スライドさえも作れるくらい万能なツールです。そのため、やれることが多い分、覚えることが少し多いです。そのため、私がおすすめする$\TeX$の書籍やサイトを紹介させていただきます。

LATEX2ε美文書作成入門

三重大学名誉教授の$\LaTeX$の第一人者の奥村 晴彦さん(本人のサイト)が書いた本です。私はなにかしたい場合はこちらを読んでやる場合が多いです。これを持っておけばほとんどのことはできると思います。

LaTeXコマンド集

こちらのサイトは$\LaTeX$がよくまとまっているので、とても参考になります。特に数式の書き方が体系的にまとまっているので数式を書きたいと思ったときはこのサイトを参考にしてみてください。
LaTeXコマンド集
LaTeX・TeXのコマンド集です.サンプル付き

スタイルファイル

タイトルとURLをコピーしました