利用規約

利用規約

この規約は、お客様が、クロステグループ(以下当グループ)が提供する「C with Jupyter」サービス(以下「本サービス」)をご利用頂く際の取扱いにつき定めるものです。本規約に同意した上で本サービスをご利用ください。

第1条(定義)
本規約上で使用する用語の定義は、次に掲げるとおりとします。
(1)本サービス 当グループが運営するサービス及び関連するサービス
(2)本サイト 本サービスのコンテンツが掲載されたウェブサイト
(3)本コンテンツ 本サービス上で提供される文字、静止画、動画、ソフトウェアプログラム、コード等の総称(投稿情報を含む)
(4)本グループ 本サービスを提供する団体
(5)本サーバー 本コンテンツを提供するコンピュータおよびその関連設備

第2条(本規約への同意)
1 利用者は、本利用規約に同意頂いた上で、本サービスを利用できるものとします。
2 利用者が、本サービスをパソコン・スマートフォンその他の端末で本サイトのサービスにログインした時点で、利用者と本グループとの間で、本規約の諸規定に従った利用契約が成立するものとします。
3 利用者が未成年者である場合には、親権者その他の法定代理人の同意を得たうえで、本サービスをご利用ください。
4 未成年者の利用者が、法定代理人の同意がないにもかかわらず同意があると偽りまたは年齢について成年と偽って本サービスを利用した場合、その他行為能力者であることを信じさせるために詐術を用いた場合、本サービスに関する一切の法律行為を取り消すことは出来ません。
5 本規約の同意時に未成年であった利用者が成年に達した後に本サービスを利用した場合、当該利用者は本サービスに関する一切の法律行為を追認したものとみなされます。

第3条(規約の変更)
1 本グループは、利用者の承諾を得ることなく、いつでも、本規約の内容を改定することができるものとし、利用者はこれを異議なく承諾するものとします。

第4条(会員の入会手続)
1 本サービスへの入会を希望する方(以下「登録希望者」)は、本規約に同意した上で、所定の方法で入会の申込を行ってください。
2 入会の申込をした方は、弊社がその申込を承諾し、ID登録が完了した時点から登録ユーザとなります。 3  弊社は、登録希望者が次の各号のいずれか一つに該当する場合は、弊社の判断により入会申込を承諾しないことがあります。 一 登録希望者が、弊社の定める方法によらず入会の申込を行った場合
二 登録希望者が、過去に本規約または弊社の定めるその他の利用規約等に違反したことを理由として退会処分を受けた者である場合
三 登録希望者が、不正な手段をもって登録を行っていると弊社が判断した場合
四 登録希望者が、本人以外の情報を登録している場合

第5条(アカウントの管理)
1 利用者は、利用に際して登録した情報(以下、「登録情報」といいます。メールアドレス等を含みます)について、自己の責任の下、任意に登録、管理するものとします。利用者は、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはならないものとします。
2 本グループは、登録情報によって本サービスの利用があった場合、利用登録をおこなった本人が利用したものと扱うことができ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属するものとします。
3 利用者は、登録情報の不正使用によって当グループまたは第三者に損害が生じた場合、当グループおよび第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。
4 登録情報の管理は、利用者が自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったために利用者が被った一切の不利益および損害に関して、当グループは責任を負わないものとします。 5 登録情報が盗用されまたは第三者に利用されていることが判明した場合、利用者は直ちにその旨を当グループに通知するとともに、当グループからの指示に従うものとします。
6 利用者は、本規約変更後、本サービスを利用した時点で、変更後の本利用規約に異議なく同意したものとみなされます。

第6条(個人情報等の取り扱い)
1 「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

2 当グループは,ユーザーが利用登録をする際にGitHub OAuthを使用しています。
そのため、GitHubのユーザ名,メールアドレスの個人情報をお尋ねすることがあります. また,本サービスを制限なくご利用いただくために必要なチケットを購入する際にクレジットカード番号を入力いただきますが、ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当グループの提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。
3 クレジットカード決済にはStripeを使っているため、本サーバーには、クレジットカード番号および、クレジットカードの暗証番号は保存していません。

第7条(禁止行為)
本サービスの利用に際し、本グループは、利用者に対し、次に掲げる行為を禁止します。本グループにおいて、利用者が禁止事項に違反したと認めた場合、利用の一時停止、退会処分その他本グループが必要と判断した措置を取ることができます。
(1)本グループまたは第三者の知的財産権を侵害する行為
(2)本グループまたは第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為
(3) 本サービスのサーバーーのリソース(メモリやCPU使用率等を含む)を圧迫する行為
(4)本サービスで使われる設備に対してコンピューターウィルス、有害なプログラムを使い攻撃する行為
(5)本サービスの第三者のデータを改ざん、消去等をする行為
(6)当サ―ビスのサーバーーやシステム、セキュリティへの攻撃

第8条(免責)
1 本グループは、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
2 本グループは、利用者の本サービスの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

3 第1項の至前項の規定は、本グループに故意または重過失が存する場合又は契約書が消費者契約法上の消費者に該当する場合には適用しません。
4 前項が適用される場合であっても、本グループは、過失(重過失を除きます。)による行為によって利用者に生じた損害のうち、特別な事情から生じた損害については、一切賠償する責任を負わないものとします。
5 本サービスの利用に関し本グループが損害賠償責任を負う場合、当該損害が発生した月に利用者から受領した利用額を限度として賠償責任を負うものとします。
6 本サービス内で作成したデータ消失や第三者による不正アクセスによる損害について本グループは賠償責任を追わないこととします。 第9条(本グループへの連絡方法)
本サービスに関する利用者の本グループへのご連絡・お問い合わせは、本サービスまたは本グループが運営するwebサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームからの送信または本グループが別途指定する方法により行うものとします。
7 本サービスで使用しているJupyterHubライセンスを本グループは遵守します。
8 有料コンテンツの30日間チケットを持っていない場合は作成したファイルが30分ごとに消去されます。そのため、消去されたファイルについては責任を追わないものとします。
9 サーバーーの保全のため毎深夜3時に本サービスの再起動を行います。したがって、その期間はファイルが保存できなくなります。本サービスの再起動の再起動によるファイルの損失等について責任を追わないものとします。 第10条(分離可能性) 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第9条(準拠法、管轄裁判所)
1 本規約の有効性,解釈及び履行については,日本法に準拠し,日本法に従って解釈されるものとする。
2 本サービスの利用に関連してシステム利用者との間に生ずるすべての訴訟については、仙台地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とし ます。

2002年02月14日 施行
2002年02月14日 改定

yaiba

記事をご覧いただきありがとうございます。
理系の端くれなので、それを生かして役立つ情報を提供していきたいと考えています。専門は情報システム系ですが理学系のほうが好きです。
好きな言葉は「事実は意味づけ可能」です。
趣味は読書・ネットサーフィン・乃木坂欅坂日向坂などです。
お気軽にからんでください:)

yaibaをフォローする
yaibaをフォローする
クロステ
タイトルとURLをコピーしました