draw-ioで回路図を書いてブログで使う

8月 7, 2019

SPONSORD LINK
SPONSORD LINK
回路図を画像化して、ブログで使いたいときはdraw-ioを使うと簡単に回路図を欠くことができます。また、その回路図はとても綺麗なので見やすいです。

draw-ioをダウンロード

draw-ioはdraw-ioのダウンロードからすることができます。

ダウンロードしたら起動して[新規ファイルを作成する]をクリックします。

そしたら、下の画像のように[その他の図形]をクリックします。

下のほうにスクロールすると[その他]があるので[電気]にチェックを入れましょう。

適用すると、電気回路のテンプレートを使えるようになります(スクロールしないと現れない)。

下の画像のように回路図を作ってみます。

作り終わったらPDFとして出力します。画像として出力もできるのですが、なぜか画像が荒いのでいったんPDFにします。

PDF-XChange Editorをダウンロード

PDF-XChange Editorはこちらからダウンロードできます。

ダウンロードしたら、先ほどPDF化したファイルを開きます。

次に、右クリックして[スクリーンショット]をクリックします。

そして、範囲を選択したら[Ctrl]+[C]でその画像をコピーします。その画像自体は直接保存できないのでLINEを開きます。

トーク画面で[Ctrl]+[V]で画像を張り付けて送信します。そして、ダウンロードすると画像を使えるようになります。

(もしくはWordに張り付けて図として保存をします。)

 

スクリーンショットの画質を上げる

PDF-XChange Editorを開きます。そして以下のような操作をします。
[ファイル(F)]→[設定(n)]→[スナップショットツール][スナップショット画像解像度を指定]
それで、好きな解像度に設定してください。
SPONSORD LINK
SPONSORD LINK

まとめ

draw-ioはフローチャートもかけたり、図を描くことに特化したソフトウェアです。もっともっとたくさんの機能があるので使ってみるといいと思います。
またPDF-XChange Editorも、無料ソフトとは思えないほどの機能と使いやすさなので、導入することをお勧めします。おそらく無料ソフトでは最高峰だと思います。私はAdobe acrobat PROと併用していますが、この二つを使えばPDFでできないことはほぼないと思っています。
そして最後に言いたいことは回路図はCADを使って書きましょう()
SPONSORD LINK
The following two tabs change content below.

yaiba

代表編集者
記事をご覧いただきありがとうございます。 理系の端くれなので、それを生かして役立つ情報を提供していきたいと考えています。専門は情報システム系ですが理学系のほうが好きです。 好きな言葉は「事実は意味づけ可能」です。
貧乏学生なのでよろしければ応援お願いします。
Amazonほしい物リスト

電気回路

Posted by yaiba