基礎数学, 数学, 数学I

考え方

$${a^3+b^3+c^3-3abcの因数分解}$$は三乗の和の公式を用いて、因数分解していく。そのためには$$(a+b)^3 $$の展開公式を覚えているか、もしくは導くことができるかが、この問題を解くカギとなる ...

代数幾何

余因子行列の性質 線形独立であるための条件
逆行列 恒等変換 平行四辺形の面積
クラメルの公式 線形変換 平行六面体の面積
逆行列と正則と解      平面上の回転移動 直行行列の性質

代数幾何