GCPの無料枠で高速なWordPress運用をしようぜ!

WordPress
スポンサーリンク
以前に書いたGCPでWordPress構築の記事よりも高速な環境を今回は作っていきたいと思います。以前の記事を知らない方はこちらの記事を御覧ください。以前の記事は簡単に言うとGCPのMARKET PLACEを使用した初心者向けのやり方について解説した記事です。
GCPでほぼ無料でWordPress構築(前編)
この記事は自己責任でお願いします。GCEとはグーグルが提供しているサービスでGoogle Cloud Platformというサービスの中の一つがGoogle Compute Engine(GCE)と呼ばれるものです。名前...

今回の記事をやる場合は自己責任でお願いします。

無料枠の料金について

現在かかっている料金についてはこんな感じになっています。

ドメイン料金(3年間):2000円
GCPの請求額:マネジゾーン $0.20/月                     
                     インターネット下り料金  $0.12/1G (0~1 TB)
私の場合は月50円ぐらいでおさまっています。
転送量が多くなれば料金も高くなります。
詳しい情報はこちら(GCP無料枠について)を参照してください。

2020年1月1日から外部IPに一時間あたり$0.002が課金させることがGoogleから発表されましたが、無料枠では課金の対象外らしいです。

Note: Starting January 1st, 2020, GCP will introduce an additional charge for publicly addressed VM instances that don't fall under the Free Tier. You will not be charged for other publicly addressed resources, such as forwarding rules.
Google Network pricing

英語版のサイトだけに書かれているようなので、必ず日本にも適用されるかはわからないので自己責任でお願いします。(たぶん日本も適用)

無料枠でWordPressのサーバを建てるとかなり遅いので、「高速なサーバを建てたい」、「真剣にサイトを作っていきたい」という人はレンタルサーバーをおすすめします。
月500円払える人はレンタルサーバー 1択!
GCPとの比較でわかるカラフルボックスの強さ
まずはこのページにアクセスいただきありがとうございます。このページに来たということは「GCEでほぼ無料でWordPress構築」のサイトからいらしたのだと思います。じつは「GCEでほぼ無料でWordPress構築」を書いておきながら、カラフ...

 

インスタンスの作成

画像のようにインスタンスの作成をクリックします
 
そしたら次にこのような画面が出ると思います。

これを変更していきます。ここを間違えるとものすごく課金されてしまうので注意してください。

・名前 任意で入力してください。

・リージョン
無料枠内で利用するためには、バージニア州北部を除く米国リージョンを選ぶ必要があるのでus-west1を今回は選択します。

・マシンタイプ
無料枠内で利用するためには、f1-micro(最低のスペック)までです。

・ブートディスク
30GBまでが無料枠内なので30GBにします。
そしてOSはUbuntu 18.04 LTSを今回は選択します。

・ファイヤーウォール
HTTP トラフィックを許可するにチェックを入れます。 
HTTPS トラフィックを許可するにチェックを入れます。

 


これで[デプロイ]をクリックします。

SPONSORD LINK

外部 IP アドレスの設定

[VPCネットワーク]から[外部IPアドレス]に移動します。

そしたら[静的アドレスの予約]をクリックして静的アドレスを指定していきます。

・名前
任意で決められます。
・リージョン
先ほど決めたリージョンを選択(今回はus-west1)
・連絡先
リージョンを選択すると選べるようになる。
タイプが静的になっていることを確認する。

SSH接続してWordPressを構築する

画像のように[SSH]をクリックします。

そしたら黒いターミナルが現れると思うので、コマンドを入力していきます。

コマンド入力パート

スーパユーザになります。本来はsudoを打ったほうがいいですが面倒なので…….

sudo su -

後々聞かれることになるので最初にタイムゾーンを変更します

timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

Apache

apt -y update
apt -y install apache2 
systemctl enable apache2
systemctl start apache2

PHP7.2

MARKET PLACEで標準でインストールされているものよりバージョンが上なのでより高速です。

apt -y install php7.2 php7.2-mysql

Maria-db

mySQLより高速らしいです。
私は詳しくはわかりませんがこちらの記事を御覧ください。
オープンソースのMySQLとMariaDBを比較
apt -y install mariadb-server mariadb-client
systemctl enable mariadb
systemctl start mariadb
mariadb

MariaDBに入れたらWordPressのDBを作ります。

CREATE DATABASE wordpress DEFAULT CHARACTER SET utf8;

ユーザを追加します

GRANT ALL ON wordpress.* to [email protected] IDENTIFIED BY '好きなパスワード';

FLUSH PRIVILEGES;

WordPress のインストール

Control+DでMariaDBから抜けてください。

WordPressのファイル群をダウンロードして解凍します。そしてapacheのユーザを所有者に設定します。
cd /var/www/html
wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
tar xvf latest-ja.tar.gz
sudo mv wordpress/* .
chown -R www-data:www-data .

WordPressが作られたか確認

画像にある外部IP/wordpressをブラウザの検索バーに入力します。
そうするとWordPressの設定が出てきます。[さあ始めましょう]をおして画像のように必要事項を入力しましょう。

そしてただし情報を入力するとインストールが始まります。そして指示に従ってログインするとWordPressのダッシュボードが現れます。

まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました