GCPとの比較でわかるカラフルボックスの強さ

WordPress
スポンサーリンク
まずはこのページにアクセスいただきありがとうございます。このページに来たということは「GCEでほぼ無料でWordPress構築」のサイトからいらしたのだと思います。
GCPでほぼ無料でWordPress構築(前編)
この記事は自己責任でお願いします。GCEとはグーグルが提供しているサービスでGoogle Cloud Platformというサービスの中の一つがGoogle Compute Engine(GCE)と呼ばれるものです。名前...

じつは「GCEでほぼ無料でWordPress構築」を書いておきながら、カラフルボックスのサーバでWordPressを管理したほうが良いと感じているのでこの記事を書きました。(あまり大声ではいえませんが…)

まず、なぜわたしがカラフルボックスをすすめるかというと

GCPの弱点を480円/月(BOX1利用)で解消できるから


それを説明するためにまず、GCPの弱点を挙げていきたいと思います。

GCPの弱点

初期設定が面倒くさい
メモリ不足
通信速度が遅い
サーバーとの距離
最新の通信技術を構築するには知識が必要
アップデートが面倒
転送量によって料金が高くなる

初期設定が面倒くさい

メモリ不足

GCPの無料枠のメモリ0.6 GBなのでswap領域(メモリよりかなり遅い)を確保して動かさないとサーバが落ちます。アクセス数によってページの表示が遅い時があります。

通信速度が遅い

サーバーを無料枠では日本におけないので、物理的な距離によってタイムラグがあります。
また、デフォルトでは通信規格が古いものなので通信速度が遅いです。

これはGCPで建てた私のサイトをPageSpeed Insightsで調べたものです。

サーバへの応答時間の短縮」が一番時間としては大きいです。これが警告されるおもな理由はサーバのスペックが低いこと・サーバとの物理的な距離が長いことが考えられます。

したがって、GCPだとどうしてもサーバの応答に時間がかかってしまいます。

アップデートが面倒

PHPのアップデートなどがあったとき、コマンドを打ったり、設定ファイルを書き換える必要があるので面倒です。

また、サーバが落ちたときにも、全て自分で対処しなければなりません

転送量によって料金が高くなる

GCPでは月1Gまでは無料で使えるのですが、それ移行はIGにつき0.12ドルかかるのでサイトが発展してきたときに、サイトに寄っては1000円以上かかる場合があります。
0.12×100G×120=1440円(1$を120円としたとき)

SPONSORD LINK

カラフルボックスの強さ(最低スペックBOX1で比較)

*スペックはサイトの発展に応じて、柔軟に変えられます。

BOX1BOX2BOX3BOX4BOX5BOX6BOX7BOX8
初期費用無料(3ヶ月以上の契約の場合) / 2,000円(1ヶ月契約のみの場合)
36ヶ月ごとの契約<長期契約でお得!>480円 /月880円 /月1,480円 /月1,980円 /月2,980円 /月4,980円 /月6,980円 /月13,980円 /月
24ヶ月ごとの契約<長期契約でお得!>540円 /月980円 /月1,640円 /月2,180円 /月3,280円 /月5,480円 /月7,680円 /月15,380円 /月
12ヶ月ごとの契約<長期契約でお得!>580円 /月1,060円 /月1,780円 /月2,380円 /月3,580円 /月5,980円 /月8,380円 /月16,780円 /月
6ヶ月ごとの契約640円 /月1,160円 /月1,940円 /月2,580円 /月3,880円 /月6,480円 /月9,080円 /月18,180円 /月
3ヶ月ごとの契約680円 /月1,240円 /月2,080円 /月2,780円 /月4,180円 /月6,980円 /月9,780円 /月19,580円 /月
1ヶ月契約(初期費用あり)720円 /月1,320円 /月2,220円 /月2,980円 /月4,480円 /月7,480円 /月10,480円 /月20,980円 /月
商用利用OK
再販OK
お試し期間30日

月額料金表-カラフルボックス(201911.28時点)」

画面上でWordPressを構築できる

カラフルボックスでは以下の記事のようにWordPressを立ち上げる際に、全て画面上でできます。コンソール(黒い画面)になにか打つことがないので、早くそしてかんたんにWordPressを構築できます。

メモリは1GB

WordPressを運用するには十分なほどのメモリが搭載されています。よほどの使い方をしない限り、大丈夫だと思います!

メモリとは

分かりやすく例えると机や作業台です。何かの課題に取り組んでいるとします。書類や辞書を並べたり、筆記用具をおいたり、参考書を開いたり・・・

机の上が広ければ広いほど作業はしやすくはかどります。それと大変似ています。

メインメモリーもパソコンを使っているときや何かのプログラムを開くときに、作業台のように利用されます。そのためメモリーの容量は、パソコンの動作速度に影響を及ぼします。
メモリとは

HTTP/2 QUICに対応

詳しい説明は省きますが、新しい通信プロトコルに対応していて、通信が高速。通信暗号化SSLもかんたんに設定可能。
*プロトコル = 通信規約

さらに公式ホームページには以下のようなことが書いてあります。

旧来のApacheに対して約3倍、Nginxに対しては約5倍以上の差がつく速度を誇っています。
旧来のApacheは私の記事で使用しているものです。それでも、十分速いと感じるのに、それの3倍ということはかなり速いことがわかります。

アップデートが画面上(GUI)で可能

PHPのアップデートもコントロールパネルからできる!

そのほかにもコントロールパネルからあらゆることができます!

カラフルボックス公式ページeパネルについて
サイト運営に必要な基本的な機能から開発者のための機能も多くあります。

転送量が月1TB(約1000GB)

転送量がGCPの1000倍利用可能。1TBはそうそう使いきれるものではありません。私の先月の転送量は60GBでした。

困った時の対処が楽

「過去14日分」の自動バックアップが大阪と東京の両方に取られます。

また、チャットによる相談が可能なので分からないことは丁寧に教えてくれます。

自分でサーバーを立てると全て自分で調べて管理する必要があるあるのでありがたいです。

まとめ

GCPとカラフルボックスの比較表をまとめます。

GCP
初期設定が面倒くさい
メモリ不足(0.6G)
通信速度が遅い
アップデートが面倒
転送量によって料金が高くなる

カラフルボックス
画面上でWordPressを構築できる
メモリは1G
HTTP/2 QUICに対応
アップデートが画面上で可能
転送量が月1TB 

このようにカラフルボックスは全力でおすすめできるサーバーです。
カラフルボックスを試してみる

30日間のお試し期間があります。
【プロモーションコード(クーポンコード):7DFYDRV5】をご使用いただくと、
 ご利用料金から10%OFFいたします。
キャンペーン期間:2019/12/31まで

コメント

タイトルとURLをコピーしました